果物を焼けばデザートに

果物を焼けばデザートに バーベキューというとお肉を焼くというイメージが強いですが、果物を焼いてデザートを作るという事も出来ます。しかもスーパーですぐに手に入るりんごやバナナを使って、気軽に美味しいおやつが作れるのでかなりおすすめです。特にフルーツは焼くと甘くなり、香りも増すのでお肉を沢山食べた後でもデザートには向いています。
例えば焼きリンゴの作り方は非常に簡単で、まずリンゴを半分に切ったら芯を取り除きます。そしてくりぬいた部分にはちみつとバターを入れて、後はアルミホイルで包んで30分ほどじっくりと焼けば完成です。はちみつやバターがない場合は、そのまま焼いても問題ありません。
また焼きバナナもおすすめです。バナナが破裂しないように串で数箇所穴を開けたら、鉄板や網の上に皮ごとのせ焼きましょう。皮が焼けて黒くなり、切れ目や穴から湯気や汁が出て来たら完成です。仕上げにシナモンパウダーをかければあっという間にスイーツの出来上がりです。
時間もリンゴほどかかりませんし、焼き具合も分かりやすいので非常に簡単に出来ます。もちろんシナモンパウダーがない場合は、そのまま焼いても美味しいです。
このようにバーベキューでは簡単に果物を焼くだけで、美味しいデザートが出来るので興味のある人は是非やってみると良いです。

バーベキューで喜ばれるスイーツ

バーベキューで喜ばれるスイーツ 肉や野菜以外にも甘いものを楽しむことができるのもバーベキューの醍醐味です。スイーツ用の食材は色々ありますが、一番よく連想されるのは、やはりマシュマロではないでしょうか。火で表面をほんの少しだけ焦がしたマシュマロは適度に溶けていて、格別の美味しさを感じさせます。そのままマシュマロを食べてもいいですが、クラッカーに挟んだりしても美味しくいただけます。
果物をバーベキューの日で加熱しても、美味しいスイーツが出来上がります。その時の季節の果物を持ち寄って調理してみると、毎回違った味を楽しめます。例えば、10月から12月ごろなら、リンゴの旬を迎える時期です。ホイルにリンゴを丸ごとくるみ、そこに砂糖やシナモンなどで味付けをして焼けば、奥深い味の焼きリンゴの出来上がりです。季節を通じて手に入るバナナを焼いてもいいでしょう。果物を加熱するよりそのまま食べたいなら、チョコレートフォンデュにする方法もあります。

新着情報

◎2024/1/4

情報を更新しました。
>バーベキューを楽しむ上で欠かすことができない必須アイテム
>手ぶらプランがあるバーベキューなら気軽に楽しめる
>居酒屋では最初にバーベキューを頼むと良い
>バーベキューは食中毒を防ぐためにしっかり食材を焼くことが大事
>バーベキューをして出たごみは持ち帰ることが基本です

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>バーベキューで口にする人気メニューを確認するには
>バーベキューが大好きなら検定を受けて資格を目指すことも
>バーベキュー検定に向けての講習会火力調整で美味しい焼き方も学べる
>バーベキューの道具は通販でまとめて購入を
>バーベキューに最適なスポットを見つけるには

◎2022/5/1

情報を更新しました。
>意外な食材も!バーベキューの人気食材お肉
>バーベキューで使用するアイテムはレンタルで
>バーベキュー時の肉の下ごしらえでおすすめの方法
>バーベキュー時で着火剤がないときの対処法
>バーベキューでスムーズに虫対策をする方法

◎2019/3/8

果物を焼けばデザートに
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

バーベキューにはとうもろこし
の情報を更新しました。

◎2018/11/26

炭を上手に利用
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

オススメのじゃがいも料理
の情報を更新しました。

◎2018/7/20

しいたけの下処理
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました